多機能センサ用 データ解析ソフトウエア「SensorDataAnalyzer」

概要

SensorDataAnalyzer
「SensorDataAnalyzer」画面サンプル

小型無線多機能センサ(TSND121/151)で取得したデータを解析するためのソフトウエアです。

小型無線多機能センサ(TSND121/151)専用の出力ファイル形式を自動で認識し、 マウス操作で直感的に処理内容を設定できます。

また、処理結果をグラフ表示で確認しながら解析を進めることができます。

処理結果はCSV形式、グラフを画像として出力することが可能であり、他のソフトとの連携も容易にできます。

SensorDataAnalyzer パンフレット

機能と特徴

直感的な操作形態

指定されたデータファイルの内容を自動認識し、処理可能な内容が列挙されるため、処理内容とパラメータを指定することにより、直感的に処理を行うことが可能です。

速度や角度、移動距離等の計算

データファイルから加速度・角速度データを読み込み、速度や角度、移動距離等の一般的な物理運動の計算が可能です。

なお、単純積分を行った場合、角度や移動距離は誤差が大変大きくなりますが、重力加速度の重畳やオフセットを考慮した補正を選択することにより、誤差を少なくする機能が利用可能です。

デジタルフィルタ、周波数分析

信号に含まれるノイズ成分を効果的に除去する周波数フィルタ、信号に含まれる周期性や特徴を捉えるために有効な周波数分析を行うことが可能です。

筋電図、心電図、脳波用の処理も可能

小型無線多機能センサで計測した筋電図や、心電図、脳波のデータを処理することも可能です。

IEMGやMPF、R波検出、α/β/θ/δ波の検出等の専用処理も多数用意しています。

搭載機能

直流成分除去フィルタ、周波数フィルタ(ハイパス、ローパス、バンドパス)、FFT、パワースペクトラム表示、 速度、移動量、傾斜角、角度、リサージュ表示、 全波整流、IEMG、%MVC、中央パワー周波数、平均周波数、α/β/θ/δ波割合、R波位置検出、心拍数

処理可能な機能はアップデートにより随時追加予定です。

動作環境

動作環境OS

Windows7、Windows8.1、Windows10

CPU

CORE i5/i7を推奨

価格

一般価格:¥180,000

アカデミック価格:¥90,000

※アカデミック価格の適用は大学、教育機関に限ります。

アップデート情報

アップデート情報にアクセスして下さい。

お問合せお見積もり

このページの先頭へ

お問合せ

お見積もり