顔画像合成システム「FUTON」

概要

合成画面サンプル

 顔に関する研究の心理実験で用いる顔刺激画像を簡単に作成することを主な目的として、FUTONの研究開発が進められてきました。

 製品には、対応点を手動で取るソフトウエア、正規化ソフトウエア、合成ソフトウエア(平均顔の作成、顔パーツの入れ替え等)、アニメーション表示ソフトウエアなどが含まれています。

左の写真は、2人の女性の顔を合成している画面のサンプルです。眉、目、鼻、口、輪郭等のパーツ毎に割合を決め合成することができます。

製品説明

モーフィング(例えば、男性の顔から女性の顔になめらかに変化する様子を表現する技術のこと)の技術を用いた、顔画像合成システムです。通常、2枚の写真を重ね合わせただけでは輪郭などがずれてボケたような印象を受ける画像となってしまうため、画像間で一意に対応する点(対応点という)を決め、こられの点が合成後も必ず重なるように合成します。

適用先

心理実験で用いる顔刺激画像の作成、平均顔の作成、アミューズメント利用など。

動作環境

「FUTON」は、ソースコード付のソフトウエアです。対応点サンプリングツール、正規化ツール、合成ツール等のツールが含まれており、Windows, Linuxの環境でご利用いただけます。Windowsの開発環境は、Visual Studio2008をご利用ください。

価格

一般・アカデミック価格  ¥656,000(税別)

お問合せお見積もり

このページの先頭へ

お問合せ

お見積もり