TSND121用 筋電アンプセット

概要

筋電アンプTS-EMG01
筋電アンプ (TS-EMG01)

筋電アンプ(TS-EMG01)と、小型無線多機能センサ(TSND121)と併せて使うことにより、表面筋電位を測定することができます。

筋電位と同時にTSND121内のセンサを用いて加速度・角速度等を測定することができます。つまり、筋肉の動きと、その結果として引き起こされる体の物理的な動きを同期して計測することが可能ですので、スポーツ工学、人間工学、リハビリ効果測定などにご利用下さい。

TS-EMG01は小型無線多機能センサとのセット販売を行っております。
既にTSND121をお持ちでアンプのみ購入を希望される場合は、筋電アンプと電極ケーブルのみご購入下さい。

HRVMaster
「心拍変動解析ソフト」
(インタークロス(株)社製)も販売中です。

マニュアル・各種資料リンク

パンフレット

筋電アンプ(TS-EMG01) パンフレット

リンク

保証規定

TS-EMG01保証規定

筋電アンプ(TS-EMG01)仕様

下記表のとおり

基本仕様
  チャンネル数 2ch
電極 ホック式電極 または 挟み式電極
電源 ボタン電池(CR1220) 2個 使用
サンプリング周波数 最大 1kHz
増幅率 1000倍
フィルター ハイパス 10Hz ローパス 500Hz
入力インピーダンス 1GΩ
出力 TSND121専用コネクタ
外形・重量
  サイズ 39mm(W) × 20mm(D) × 12mm(H)
重さ 約10g (電池含む)

※特許申請中:特願2012-272467号  
※ 仕様は予告なく変更する場合があります。

セット内容

TSND121と筋電アンプ接続例
TSND121と筋電アンプ接続例

「小型無線多機能センサ筋電」は下記の①,②,③または④,⑤,⑥を接続して使用します。左の写真は、それらを結線した状態です。受信ソフトウエアを利用することにより、受信データのグラフ表示や、CSV形式ファイルに保存することができます。

筋電位は2ch同時測定可能です。同色ペアのケーブルで筋繊維を挟むようにして装着してください。グランド(緑)は2ch共通です。

①小型無線多機能センサ(TSND121)

小型無線多機能センサTSND121
TSND121

加速度(3軸)・角速度センサ(3軸)、地磁気センサ(3軸)、気圧・温度センサを内蔵しています。
筋電位データも含め、測定データはBluetoothまたはUSB接続で送信可能です。データロガーとしても利用可能で、内蔵のメモリに計測データを記録することも可能です。
詳細は小型無線多機能センサのページをご参照ください。

②筋電アンプ(TS-EMG01、接続コネクタ、電極)

筋電アンプTS-EMG01
筋電アンプ

筋電用アンプです。
IN側に電極接続用ケーブル、OUT側にセンサ接続用ケーブルを接続して使用します。
内部にボタン電池(CR1220)をセットすると電源が入ります。

③TSND121接続コネクタ

TS-EMG01拡張コネクタ
TSND121接続コネクタ

筋電アンプとTSND121を接続するケーブルです。 長さは約30cmです。②の筋電アンプに付属します。

④挟み式電極

挟み式電極
挟み式電極

電極を挟んで使用します。コネクタは②の筋電アンプに接続します。
長さは40cmまたは60cmです。④か⑤のいずれかをご利用下さい。

⑤ホック式電極

ホック式電極
ホック式電極

電極にホックをはめ込んで使用します。コネクタは②の筋電アンプに接続します。
ホック式電極は長さ40cm、60cm、100cmのいずれかをお選びいただけます。

⑥電極

電極
ディスポ電極

ディスポーザブル電極です。皮膚に貼って使用します。グランド(アース)用1個は安定する場所に貼ってご利用下さい。②の筋電アンプの購入の際に、お試し用3セット(15個)が付属します。

⑦受信ソフトウエア「SensorController」

小型無線多機能センサTSND121
「SensorController」画面サンプル

TSND121に内蔵されているセンサ(加速度・角速度センサ、地磁気センサ、気圧・温度センサ)と外部接続のセンサ(筋電など)のデータを同時に受信・記録することができるWindows用受信ソフトウエアです。

詳細は、「SensorController」のページをご参照ください。

サンプル動画

表面筋電位や心電を測定したサンプル動画をご覧ください。
装着方法やデータ取得についての詳しい説明は、使用事例2(動画)をご覧ください。

受信ソフトウエア

受信ソフトウエアは用途・環境に合わせ、複数ご用意しています。下記の表を参考に、お客様の用途に合った受信ソフトウエアを選択してください。
「SensorController」以外のソフトウエアをご利用の場合は、セット価格が変更になります。ご注意下さい。

センサの操作方法 記録可能なデータ プラットフォーム 推奨ソフト ※1 備考

グラフィカルインターフェースで操作

センサデータ(CSV)、センサデータと同期した映像・音声

Windows

ALTIMA

計測中にデータをリアルタイムでグラフ表示可能な他、記録済み計測データの再生が可能です。

Mac

SDRecorder(T)

センサデータ(CSV)

Windows

SensorController 

計測中にデータをリアルタイムでグラフ表示できます。記録済みのデータをCSVファイルに取り出しできますが、記録済みデータの再生には対応していません。

コマンドラインで対話型操作

操作に依存

Windows

SensorServer

プロトコル変換兼、シリアルポートのネットワークブリッジとして動作します。telnetが利用できるソフト(TeraTerm等)、もしくは自作ソフトで接続して使用します。計測データの保存を行う場合は、計測開始命令の実行後、テキスト形式で出力されるデータをファイルに保存する必要があります。

シリアルポートを直接操作し、バイナリ通信

プログラムに依存

④プログラムを自作

シリアルポート経由で直接センサをコントロールします。コマンド、データは全てバイナリ形式で送受信します。

HRVMaster
「心拍変動解析ソフト」
(インタークロス(株)社製)も販売中です。

価格

「小型無線多機能センサ筋電アンプ」セット参考価格

アカデミック価格 ¥235,000(税別)
【内訳】TSND121:¥45,000,  TS-EMG01:¥140,000,
    挟み式電極またはホック式電極:¥20,000,
    SensorController:¥30,000

一般価格 ¥310,000(税別)
【内訳】TSND121:¥70,000,  TS-EMG01:¥170,000,
    挟み式電極またはホック式電極:¥20,000,
    SensorController:¥50,000

※ アカデミック価格は大学等、教育機関に限ります。
※ セット価格は、単体販売価格の合計となります。
※ 受信ソフト等の構成変更、電極の追加購入に関してはお問い合わせください。

お問合せお見積もり

このページの先頭へ

お問合せ

お見積もり